自分の洗顔方法について

季節にもよりますが私は一日に約2回、朝と夜に洗顔します。

基本的にどの季節でも洗顔の時は温水を使用します。

朝は洗顔フォームを使わず温水だけで顔を洗います。

夏場は暑いので初めは温水で洗顔をしますが、最後は冷水で洗い流します。

夜はお風呂に入るときに洗顔します。

その時は大体ボディソープを使って洗顔します。

洗顔の時はあまりこすらずに肌をなでるように洗うことで肌を傷つけずに洗うことを心がけています。

洗い流す時は、時間がないときはシャワーですが、休日など時間があるときは洗面器にお湯をためてあまり肌を刺激せずに洗うようにしています。

冬場はあまり汗をかかないので1日2回程度ですが、夏場は汗をかくたびに顔を洗うようにしています。

私は脂性なのでニキビができやすく、夏場は特に肌を清潔にしていないといけないので、1日に10回以上は洗うようにしています。

また夏場はメンソールの効いた洗顔フォームをしようしています。

ボディソープや洗顔フォームで洗顔するときは顔全体を覆うほどの泡を作って、洗うときには手が顔に当たらないように洗うよう心がけています。

この洗い方に関しては、泡立てるのに時間がかかるので休日しかしていません。

朝晩洗顔方法を変えています。

私の洗顔するタイミングは、起床時の化粧をする直前と、入浴時になります。

朝の洗顔はとても簡単で、冷水で就寝中の汚れを洗い流すだけです。

洗顔のし過ぎは肌の大切な機能を奪ってしまうと思うので、肌の表面を優しく両手で覆いながら洗います。

肌の全体を軽く流せたら、新しいタオルで優しくポンポンと水分を吸収し、すぐに化粧水と乳液を付けます。

朝は簡単に流すだけですが、夜はしっかりと洗顔します。

ミルクタイプのクレンジングで、優しくマッサージをしながら化粧を落とします。

洗面所で一旦クレンジングをお湯で流してから浴室へ移動します。

ここで大事なのが、お風呂の蓋を先に開けておき、浴室内をホカホカにしておくことです。

体を洗い、一旦入浴してスチーム状になった浴室内で顔に汗をかかせます。

肌の奥に残っている化粧品を排出するのもそうですが、血行を良くして肌の代謝を良くする目的もあります。

ある程度の所で洗い場へ出て、馬油を主に使った石鹸を泡立てネットでしっかりと泡立て、肌に優しく泡を乗せていきます。

なるべく肌をこすらないよう、泡で肌を包むイメージです。

洗い忘れしやすい顔周りや髪の生え際も注意しながら、優しく泡で洗っていきます。

続いて溜めておいたぬるま湯で、両手で優しく泡を洗い流します。

泡をしっかりと流し終えたら、今度は冷水をパシャパシャと肌に付けていきます。

これは肌を引き締める為に行っています。

肌が冷たくなってきたかな、というタイミングで優しくタオルで水分を取り、夜の洗顔は終了です。


PAGE TOP