小麦粉洗顔のやり方とは?

あなたは洗顔は、どうしていますか?

ドラッグストアなどで購入できる洗顔フォームを使っていますか?
それとも、こだわりの洗顔がありますか?

身近にある食材を使い洗顔を行う方法はたくさんあります。

その中でも、小麦粉を使って洗顔するという方法があります。

小麦粉洗顔を行う事で毛穴の角質や黒ずみ、肌の古い角質や皮脂を取り除く事ができます。

美肌・美白や・シミやしわの改善にも効果があると言われています。

小麦粉には、グルテンという成分が含まれていることから、古い角質を除去する働きや、余分な皮脂を取る働きがあります。

小鼻などの毛穴の角質や皮脂・黒ずみを取り除く事もできるのです。

また、臭いを吸収する性質を持っている帆とで、皮脂の臭いを取り除いてくれます。

その他に、ビタミンやナイアシンの働きによってシミやしわを改善する事ができます。

小麦粉は弱酸性なので肌に優しく、敏感肌の人も安心して行う事ができます。

販売されている洗顔料には、合成界面活性剤が含まれていることがあり、皮脂を取り過ぎバリア機能を壊してしまうことがあります。

しかし小麦粉洗顔は、石鹸や洗顔料に比べ皮脂を取りすぎることがないので、乾燥肌になることはありません。

小麦粉洗顔を行う場合には、まずパッチテストを行いましょう。

赤みやかゆみが起こらない事を確認したうえで洗顔を行います。

また、小麦粉のアレルギーがある人は小麦粉洗顔を行う事はできません。

肌トラブルの原因になるからです。

小麦粉洗顔の作り方は、水と小麦粉が10対1の割合で混ぜ合わせます。
水が100mlの場合小麦粉が10gになります。

これをダマにならないように混ぜ合わせていきます。

小麦粉洗顔のやり方は、混ぜ合わせたものを顔の上の数カ所に置きなじませていきます。

強く擦りすぎない事が大切になってきます。

気になる部分がある場合には、その部分にもつけ優しくマッサージしていきます。

顔に良くなじんだらぬるま湯を使いきれいに洗い流しましょう。

洗い残しのないようにすることが大切になってきます。

小麦粉洗顔は、水の量を増やすとサラッとした使い心地になり、小麦粉を増やすとのり状に堅くなります。

自分の使いやすい硬さにして小麦粉洗顔を行っていきましょう。

泡立ちがポイント!

私の洗顔は、特別なものを使用したり高い洗顔料を購入したりしたものではありません。

スーパーやドラッグストアで販売している洗顔フォームを使用しています。

ポイントにしているのは「きめ細かい泡を作ること」です!
泡だてネットで水分量を若干少なめにし、丁寧に空気を含ませながら泡だてていきます。

もったりとした泡をつくり、あとは顔に円を描くように乗せながら当てていくだけ。

洗顔自体はシンプルですが、丁寧に行うことで大分差が出る気がします。

ゴシゴシ泡だててしまってはいけません。

私も以前は、鼻の周りの毛穴が気になっており泡を無理やり押し付けるようにゴシゴシ洗顔していましたがなんの効果もありませんでした。

すぐに毛穴を小さくすることはできないので、長い目で見ながら行うといいと思います。
毛穴に関しては、角質にこ関わっているとのことなので、スキンケアでの角質ケアを考えています。

今、気になっているのは「艶つや習慣」です。
自分にあったケアを見つけられるといいのですが。

洗顔は毎日行うものなので、今までの習慣を少し変えるだけで変化が徐々に見られるはずです。

難しいことは一切しておらず、誰でもできる洗顔方法です!
女性の方は化粧をしっかり落とすことも大切だと思います。

また、週に1度はクレイでの洗顔も行なっています。

泥でパックをし、すすぐと余分な角質が取り除けるのでつるつるすべすべになります♪
普段の洗顔だけでは限界があるので、並行して行うと効果的ですね。

私の洗顔方法はこれ!

私は、普段メイクをしています。

昔は、仕事が忙しくて拭くだけコットンとかオイルクレンジング。

なんて便利な物を使っていましたが、実はちゃんと落ちていないと分かり今現在は、一本でメイク落としと洗顔になるクレンジングを使っています。

やはり、昔は特にこだわりとかなかったのですが今はハリやたるみも気になるので幹細胞テクノロジーのクレンジングを使用中です。

基本、私は水で洗いますが、寒過ぎる時はホントに凄いぬるま湯位で洗います。

泡をしっかり手の中で作りその泡でソフトに転がす様に洗います。

泡が少ないと手の摩擦で良くないからです。

泡がたちにくい場合は、軽く流しダブル洗顔にします。

また、泡をたてるのが苦手なら泡立てネットを使うのも良いです。

しっかり、小鼻の横とかも洗ったらもちろん流すのも基本水ですね。

決して、熱いお湯や湯槽に浸かる時位のお湯の温度は使いません。

乾燥の原因にもなります。

私のこだわりのイチバンは、やはりお湯の温度です。

もちろん、クレンジングの種類もありますが、温度は大切だと思います。

そして温度の次がクレンジングの種類です。

基本は、手軽さです。

だから一本でダブル洗顔になるクレンジングは素敵ですね。

オイルクレンジングやミルククレンジングは私の中では除外されます。

オイル分が残るからです。

その点、今使用中のクレンジングは大好きです。

Posted by admin


PAGE TOP